Strategic Happy Life 戦略的に楽しく生きる

このブログは「戦略的に楽しく生きる」をテーマに、人生戦略、哲学やビジネス、ライフスタイル等について管理人と一緒に学んでいくブログです。現在 月曜日+α 21:00更新

あなたは何を大事にしますか?

f:id:world216636:20180212183959j:plain

(画像はぱくたそ様より)

From : INてぐらる

 

目標に邁進するという充実した人生において、かなりマイナスに作用してしまう意識の1つが「人の目を気にする」という意識です。人に合わせて同じような行動することも同じです。

 

私は幸運なことにアスペルガー症候群の傾向があり、この意識が弱かったのです。以前は悩みましたが、今となっては助かっています。

 

なぜ、充実した人生に人の目を気にすることが悪影響をもたらすのでしょうか?

 

それは、イコール目標達成ではないからです。「人の目を気にし続ける」という目標以外の、目標達成において人の目を気にすることは全く重要ではありません。むしろ、目標からあなたを遠ざけるようになる可能性が高いです。

 

・賢い行動=一見、非常識な行動

 

アール・ナイチンゲールという成功哲学の父は「大衆は常に間違うから、常識と異なることをやれ」と言っています。人の目を気にすることは「間違っている大衆」に沿うように動いてしまう可能性が高いのです。

 

そして、それは一見、非常識に思え、間違っているように感じるかもしれません。しかし、非常識=間違っているわけではありません。

 

常識とは「大衆、もしくはそのグループの正しいと思っていること」です。そこに論理性や合理性、最悪感覚的にも感情的にも「確からしくない」ことが多くあります。

 

・仮想通貨で本当に儲けたのは?

 

例えば、今も熱いかもしれない「仮想通貨」と今回の話を考えてみましょう。一見「仮想通貨に投資した人が儲けている」ような常識を感じるかもしれません。事実、そのように取引所は宣伝を行い、様々なメディアがそれを伝えています。

 

しかし、ここでよく考えてみると本当に儲けたのは「多くの仮想通貨投資家から、その儲けた分に比例して手数料等を貰う」取引所であったり、「儲かる仮想通貨の情報を売る」ことをしている人や会社の方が、安定して大きく儲けているように感じませんか?

 

少し考えればわかることですが、それを見えなくするのが、常識の怖いところでもあります。

 

・目標を決めたらそれを大事にする

 

つまり、目標達成において多くの場合常識は役に立たないのです。本当に役に立つのは「あなたの目標の達成のための、あなた自身の価値観、行動プラン」です。そこに、非常識なことが含まれていてもそれは悲観することではなく、喜ぶべきことなのです。

 

もっと言えば、あなたが大事にするべきなのは「あなたが心の底から決めた目標を達成すること、その過程」であり、常識を守ることではないのです。

 

あなたは何を目標にしますか?そして、そのために何を大事にしますか?

 

戦略的に楽しく生きる

INてぐらるでした。