Strategic Happy Life 戦略的に楽しく生きる

このブログは「戦略的に楽しく生きる」をテーマに、人生戦略、哲学やビジネス、ライフスタイル等について管理人と一緒に学んでいくブログです。現在 月曜日+α 21:00更新

「楽する」って素晴らしい!

From : INてぐらる

 

今回で、今年最後の更新になりますので、シンプルにお送りします。

 

日本には、時代遅れな思想がいまだに残っている風習があるように思います。例えば「努力や根性が重要」「楽することは悪いこと」などのような考え方です。

 

その中でも「楽する」ということについて、考えてみましょう。あなたはこの言葉にどのような印象を持っていますか?もし、前述の通り「悪いこと」と考えてはいないでしょうか?むしろ、「辛さが重要」と考えてはいませんか?

 

ただ、もしかしたらその考えに半信半疑ではないでしょうか?

 

もし考えているのであれば、今回の内容はその考えの答えとなるものです。なぜなら、「楽する」というものに対しての誤解を解消するものになるからです。

 

・「楽する」というのは「効率化」の先にある

 

楽をするというのは、つまり「ある作業・アクションを効率化したその先」にあることです。つまり「効率化されたアクションを行う」ことが「楽をする」ということです。

 

そして、ビジネスは「人を楽にする」ものがビジネスとして成立していることが多いです。

 

例えば、コンビニは「食材の調達」「調理」の手間を省く、つまり「楽をする」ということです。

 

そうです。楽をするということは、とても良いことなのです。

 

・「ずるい」と思う必要はない

 

そして、この楽することを「ずるい」と思う必要はありません。むしろ素晴らしく思うのです。

 

人は「効率化したい=楽をしたい」という感情のもと、進化・発展してきた歴史があります。歩くの楽にするために馬車を発明し、より楽にするために車を発明し、さらに運転を楽にするために「自動運転」を発明しました。

 

・「手を抜く」とは違う

 

そして、これは手を抜くとは違います。手を抜くとは「品質も下げる行為」ですが、「楽をする」は「品質を維持・向上させる行為」なのです。

 

ここが明確な違いだと私は考えています。そして、昔の人が嫌っていた「楽をする」のはこの「手を抜く」ということではないかと考えています。

 

・来年もよろしくお願いします。

 

いかがでしたでしょうか?

 

楽して生きるに正解はありません。

 

戦略的に楽しく生きるも「楽して生きる」ことの1つの在り方です。

 

今回の記事で「楽する」を少しでも前向きに捉えていただければ幸いです。

 

それでは、来年もよろしくお願いします。

 

良いお年を!

 

戦略的に楽しく生きる

INてぐらるでした。

 

P.S 来年もこのブログやコンテンツは「戦略的に楽しく生きる」でお届けします!

 

来年までに復習しておきたいオススメの過去記事↓

 

lifestrategy.hatenablog.jp

 

 

lifestrategy.hatenablog.jp

 

 

lifestrategy.hatenablog.jp

 

 

lifestrategy.hatenablog.jp