Strategic Happy Life 戦略的に楽しく生きる

このブログは「戦略的に楽しく生きる」をテーマに、人生戦略、哲学やビジネス、ライフスタイル等について管理人と一緒に学んでいくブログです。現在 月曜日+α 21:00更新

やることを減らすと効果が上がる

From : INてぐらる

 

アクセスありがとうございます!

 

今回は、ある目標のために戦略を立てた時、またその戦略を複数立てた時に、その中でのやること(特に戦術、具体的な方法)についての1つのポイントをお伝えします。

 

それが、タイトルになっている「"やること"を減らす」ということです。

 

きっとあなたはこのように考えたはずです。

「やることや、やる量、やる時間を増やした方が、成果が出やすいはずだ」

 

しかし、これではあなたは疲れすぎた上に中々成果が上がらない可能性があります。

 

では、タスクの種類や量、時間を減らすことがなぜ、効果的なのか?

 

今回はこの点についてお伝えします。

 

・やる事を増やしてもダメな理由

 

まず、ただやる事や時間、量を増やすというアプローチがダメな点をお伝えします。

 

①疲れが増す

 

まず、一番大きいのが、肉体的精神的な疲労が増します。

 

これは、短期的にも長期的にも悪い影響です。

 

この疲れがあなたを目標へ向かう原動力を奪います。

 

もちろん、時間も浪費してしまうかもしれません。(色々やってダメだという結果は得られるので、浪費になることは滅多にありませんが)

 

②目標が、成果が何かがわからなくなる

 

実は戦術自体には、特定の目標や得たい成果は含まれていません。あくまでもアクションそのものです。

 

もちろん、特定の目標のために戦術を選ぶのですが、その時に多く選んでしまうと、望んだ成果や目標に向かいにくい全く異なる性質の戦術まで選んでしまう可能性が高くなります。

 

つまり戦術の特性がバラバラになって、それを無理やり、同じ方向に向かうようにしてしまっているのです。

 

私は、目標が目的地で戦術が乗り物という例えを使いますが、それで当てはめてみると目的地に向かうのに、歩きながら車に乗って目的地に向かう人はいません。

 

「当たり前じゃないか」と思いますよね。

 

戦術を増やしすぎると、起きてしまいます。

 

③1つ1つの行動に集中しにくくなる。

 

もちろん、増やすということはそれぞれの戦術に対して集中できなくなります。

 

そして、どれも中途半端に終わるのです。

 

・戦略構築がやる事を最適化する

 

実は、戦略を組み立てることが、戦術を最適化します。

 

つまり、やらなくてもいい事をやらなくてもいいようにし、やるべき事を集中してやるのです。それが最低限の行動で、最大限の成果の獲得や、目標の達成に繋がるのです。

 

今こそ最適化しましょう!

 

・やる事や量、時間を減らすための考え方

 

①効率化する

 

まず、その1つの今までより、戦術及びタスクを品質をそのままで、短時間で終わらせられるように工夫する事です。

 

この時のポイントは、その戦術そのものを短くしようとするよりも先に、その戦術の実行時の中断やトラブルなどの「時間のロス」を、削るようにするのです。

 

見直しのタイミング(つまり「管理」)で「この戦術のどこで、時間をロスしやすいか?」「そのロスはどうしても回避できないか?」を考えてください

 

②優先順位を決めたり、順序を考える

 

どうしても目標に対しての戦術が多くなってしまうことがあったり、戦術を複合してやらなければならない場合があります。

 

その時に重要なのが優先順位を考えたり、その戦術同士のつながりを考慮した順序を考えるのです。

 

ポイントは同時にせず、必ず決めた一定期間では1つの戦術だけを行うようにしましょう。

 

また、優先順位も長期的な視野と短期的な視野とで、考えて、「両方で優先度が高い→長期的な視野で優先度が高い→短期的な視野で優先度が高い」という風に決めると、長期的に多くの成果を生みやすいです。

 

③分散する

 

目標ごとにとる戦術が違うのであれば、目標ごとの戦術を日ごとや週ごとに分割して割り振ると、分散されてその日ごとや週ごとに集中することができます。

 

例えば、ある戦略のA戦術は月・火曜日にやってB戦術は水・木曜日にやる。だったり、A戦略のA1戦術はその月の第1、2週目にやる、B戦略のB1戦術は同じ月の第3、4週目にやるといった具合です。(数字とアルファベットに意味はありません、区別するためのものです。)

 

④効果がない事を早めに判断し、削る 

 

ある意味力技で解決することもできます。

 

とりあえず、候補に戦術を実行していって効果が無さそうだなと判断したら、それを削っていくというものです。

 

この方法は、想定している戦術をほぼ全てを実行するので、その過程で色々な成果や経験を得ることができます。

 

実行力が高い人にオススメではあります。

 

ただし、かなり非効率な点と、その戦術の成果が出るタイミングの認識を間違えると、成果が出る前に、正しい戦術をとっていたとしても、やめてしまうリスクがあります。

 

⑤一石二鳥なタスク、戦術はないかを考える。

 

つまり、その戦術を複数の目標、戦略に活かせないか?そのような戦術はないか?を考えるのです。

 

てこのように、1つの戦術で複数の目標の達成に向かうようにするのです。

 

いかがでしたでしょうか?

 

ぜひ、やる事を最適化してくださいね!

 

戦略的に楽しく生きる

INてぐらるでした。