Strategic Happy Life 戦略的に楽しく生きる

このブログは「戦略的に楽しく生きる」をテーマに、人生戦略、哲学やビジネス、ライフスタイル等について管理人と一緒に学んでいくブログです。現在 月曜日+α 21:00更新

ユダヤ人の生き方から学ぶ学習と人生の在り方

f:id:world216636:20180704180513j:plain

From : INてぐらる

 

お久しぶりです。

 

今回は、ユダヤの方々の歴史や思想と、私たちの学習と人生の在り方についてお伝えします。

 

なぜ?このようなテーマなのか?

 

それは、私たちが戦略的に人生を歩む上では、学習・勉強は欠かせないからです。知識を得てこそ、戦略を自分で考えて生きることができるのです。

 

そして、学習や知識共に生きていた歴史があるのがユダヤ人の歴史でもあります。

 

そこから、私たちが生きていく上での学習の戦略を考えていきましょう。

 

・彼らの生き方には知性が溢れていた。

 

私が、彼らの生き方をみて感じたのはこの一言です。彼らは、知識や教育を尊び、大事にしているからこそしっかりと活用できた、これを歴史や思想、慣習で感じることができます。

 

例えば、彼らは迫害されてきた歴史があり、流浪の民族とも呼ばれていましたが、この流浪の選択は勇気のある選択であり、知識がなければ、賢くなければできない選択でしょう。

 

普通は、その権力に従属してしまうのですが、彼らはこれを嫌い流浪を続けていったと言われています。

 

また、聖書を丸暗記するほどの記憶を活用しているのも、迫害への対抗なのです。記憶しておけば、盗まれることはないからです。燃やされることもないからです。

 

そして、彼らは宗教上、常に学んでいく民族です。まさに生涯学習を実現しているのです。

 

・「学び続ける」という戦略

 

つまり、彼らは学び続けることが、人生の大きな方向性としてあるのです。つまり、ユダヤ人の人生戦略の1つには「学び続ける」ことがあると考えることができます。

 

この姿勢は、私がとても気に入りました。

 

そして、彼らは学び続けることで、世界に多くの貢献をしました。彼らは、物ではなく、仕組みをつくることや知識を提供、進歩させることで、多くの貢献をした結果、お金も手に入れられたということです。

 

・「学び」も戦略的に

 

ですが、これだけでは不十分です。これだけではなく、学びも「あなたの人生の戦略」に合わせて戦略的に行う必要があります。

 

彼らは、宗教として学んでいますが、私たちは自分の人生に必要な学びを続けるという視点です。

 

例えば、お金を適切に管理し、増やしたければ「お金」について学ぶでしょう。決して、「健康」や「プログラミング」を学ぶことではないでしょう。

 

つまり、あなたの人生で何を成したいのか?どうありたいのか?どのような状態にしたいのか?を考え、それに必要なことを得るために学ぶということです。

 

そして、学ぶことそれぞれに、あなたの人生の戦略に合わせた目標をつけましょう。

 

もし、戦略に必要でないことや、目標が思いつかないことは、学ばなくてもいいことです。

 

戦略的に、一生学び続けましょう。

 

戦略的に楽しく生きる

INてぐらるでした。

 

P.S. 別に宗教上で素晴らしいとかという理由は特にありませんが、「学習」と「人生」においては彼らから学び取るのがいいでしょう。

 

 

「戦略的に生きるVS…」後編です。

f:id:world216636:20180219103735j:plain

From : INてぐらる

 

この記事は後編です。前編をご覧いただけるとより楽しめると思います。

 

ですが、強いつながりはないので、こちらからご覧いただいても大丈夫です。

 

lifestrategy.hatenablog.jp

 

では、早速始めましょう!

 

・戦略的に生きるVS刹那的に生きる

 

刹那的とは、「瞬間瞬間で、短期的に」という意味合いがあります。一般的にあまり良い意味はありませんが、瞬間瞬間を大切にするという側面があります。この姿勢は大きなエネルギーを与えることがあります。

 

実は故スティーブ・ジョブズも刹那的な姿勢を利用していました。「次の日が来なくなってもいいように生きる」ことを考えていたようです。

 

ただし、これをメインにすると計画性も戦略性も無くなってしまうので、難しいです。

 

大きな目標に対してのパワーが出しにくくなることもあります。ただし、常に理想を刹那的に生きられればかなりのパワーが出ます。

 

・戦略的に生きるVS好きなことをして生きる

 

YouTubeの話題になったメッセージで「好きなことをして生きていく」というのが流行りましたね。このことについても少しお伝えしていきます。

 

まず、このメッセージをまともに捉えると「好きなことをして生きていく」とは戦略でもあるということに気づきましたか?戦略とは大きな方針なので、合っているのです。

 

しかし、深く考えてみましょう。これはYouTubeがユーザーを獲得するために、「動画を配信して広告をつけて、お金を獲得しよう!」という意味が含まれているのです。これは人生戦略ではありません。あくまでも方法論なのです。

 

人生戦略は全く異なりますね。

 

・戦略的に生きるVSミニマリスト(〇〇リスト、〇〇イズムなど)

 

では、もう1つミニマリストなどの〇〇リストや〇〇イズムなどの言葉と、戦略的に生きることを考えてみましょう。

 

実は、例えばミニマリストになると決め、実行しているときは戦略的に生きているようにみえます。しかし、これが事実として戦略的に生きているかと言われれば疑問があります。

 

確かに大きな方向性ですが、多くの場合、在り方がすでに決まってしまっているのです。

 

すると、戦略的ではなく、ただのマネになってしまっているのです。この時、あなたの強みや目指したい理想、手段については考えていないのです。

 

・総括:戦略的に生きるとは

 

では、まとめましょう。

 

戦略的に生きるとは「自分の人生におけるあらゆる事柄についての正解を、自分たちで決め、それを実現していく」ということです。

 

そして、このメディアでは、あなたも私も、戦略的に生きられるようにすることが意義であり、ミッションです。

 

そして、〇〇リストでもお伝えしましたが、多くの場合、他者が生み出した正解に乗っかっているだけのことが多くあります。事実、私もこの間違いをしました。

 

ですので、あなた自身が、「在り方の正解」を見つけ出せるようにすることがこのメディアの目的です。

 

これからもよろしくお願いします。

 

戦略的に楽しく生きる

INてぐらるでした。

 

お久しぶりです!更新再開企画「戦略的に生きるVS…」前編

f:id:world216636:20180620210040j:plain

From : INてぐらる

 

アクセスありがとうございます。

 

こちらのブログでは、お久しぶりとなります。

 

INてぐらるです。

 

今回も、充実してしっかりと生きていきたいあなたに、価値あるヒントやアイデアをお伝えします。

 

さて、今回と次回は、再開特別企画として、戦略的に生きることと、他の考え方と比較して、「戦略的に生きる」ことを理解する企画を行います。

 

名付けて、「戦略的に生きるVS」です。

 

これは別に優劣を決めるものではなく、単に比較として捉えてくださいね。

 

それでは始めます。

 

・戦略的に生きるVS計画的に生きる

 

あなたも「人生計画」「キャリアプラン」という言葉を聞いたことがあるかもしれません。

 

孫正義さんは、少年時代に「50ヶ年計画」というプランを立てていたことは有名ではないでしょうか?

 

そして、戦略的に生きることと、ものすごく似ています。それ故に比較も難しいです。しかし、明確な違いがあります。

 

まず、計画的に生きるということは、「計画の遂行」が生き方のメインになっているイメージです。ですが、戦略的に生きるにおいて、「計画」は手段です。目標を達成するために計画があるということです。

 

本来、計画的に生きるというのも目標の達成のはずなのですが、それよりも「計画の遂行」、つまりプロセスの完了に目が行きがちです。

 

しかし、戦略的に生きることはあくまでも「目標へのフォーカス」が大事です。そして、そのために計画があるのです。

 

もっとインパクトを強くして言うなら「目標のために計画の遂行を良しとする」のが、計画的に生きることで、「目標のために計画を立てたり、潰したりする」ことが戦略的に生きることです。

 

つまり、戦略という視点では、「計画は、方法=戦術の一部」ということです。

 

私も、このブログを一回更新停止したのは、一度このブログに関する計画を潰したからです。

 

あくまでも目標のために計画を立て、ダメなら潰す。これを繰り返すだけです。

 

・戦略的に生きるVS効率的に生きる

 

一般的に効率的に生きるとは言いませんが、「効率主義」と考えてください。「ここをこうしたらもっと早く正確に、より良くできるのではないか?」を常に突き詰めるような感じです。

 

私は以前、戦略的に生きることと、効率主義を似ていたものと考えていました。しかし、最近ストレングスファインダーの戦略的(私の資質)を見直した時に、全く異なることだと感じました。

 

完全な引用ではありませんが、このようなことが書いてありました。

 

"目標の達成のために、道(手段)を選んでは潰し、選んでは潰して、正しい道(手段)を決めて進む"

 

つまり、この過程は効率的にではないのです。トライアンドエラーを繰り返し、可能性を潰して手段を決めるのです。

 

もちろん、明らかに"苦手な道=強みを活かせない道"は検討しなくてもいいですが、明確ではないときは、トライアンドエラーをする必要があります。

 

効率主義は「目標のために、どうやって道をより良く、早く、正確に進むか?」戦略的に生きるとは、「この道は、目標にたどり着くのか?、より良い道はないか?」です。

 

結果的に、表面上効率的に行なっているように見えます。

 

・次回に続く!

 

いかがでしたでしょうか?

 

これらの比較から、「戦略的に生きる」ことがどのようなものか見えてきそうではないでしょうか?

 

あと、戦略的に生きるとは、そこまで複雑ではないように感じませんか?

 

少し視点を変えればできそうではありませんか?

 

そして、充実して楽しく生きられそうではないでしょうか?

 

後半に続きます!

 

戦略的に楽しく生きる。

INてぐらるでした。

将棋の駒になっていないか?

f:id:world216636:20180219103735j:plain

(画像はぱくたそ様より)

 

From : INてぐらる

 

アクセスありがとうございます。

 

今回も、あなたが戦略的に楽しく生きる為のヒントをお伝えしていきます。

 

 

あなたは、将棋を知っていますか?最近の藤井聡太氏の活躍によって、将棋そのものの人気が高まっています。一時期は、AppStoreの検索の人気キーワードに将棋が一番上にくる時もありました。

 

しかし、今回お伝えしたいことは将棋そのものについてではありません。

 

今回は目標達成や戦略的な人生の為に、将棋を絡めた質問をあなたにするからです。チェスの方がしっくりくる場合はそちらでも構いません。

 

あなたに聞きたいのは「将棋(チェス)の駒になってしまってはいないか?」ということです。

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんし、「人にコントロールされていることを意識すればいいのかな」ということを思うかもしれません。しかし、この質問は次の3つの質問を包括しているのです。

 

①あなたは、視点が低くなってしまってはいないか?

②あなたは自分だけの目標を設定していますか?周囲の人と同じ目標を設定してはいないか?

③あなたは、自分の行動を制限してしまってはいないか?

 

この3つについて、自問できる質問だったのです。

 

詳しくお伝えしていきます。

 

・それぞれの質問の真意

 

①あなたは、視点が低くなってしまってはいないか?

 

将棋の駒の視点はとても低いもので、少し動いただけで、壁にぶつかってしまうこともあります。目標達成においては、目標達成のための舞台である盤面全体をみる棋士の視点に立つ必要があるのです。

 

以前お伝えしたかもしれませんが、戦略的な目標達成において登山者になってはいけないということです。自分と目標達成を上からみる視点です。

 

②あなたは自分だけの目標を設定していますか?周囲の人と同じ目標を設定してはいないか?

 

将棋の駒の目的は、相手の王将を追い詰めることです。将棋の駒は皆そのために動きます。棋士もそのように操作します。しかし、あなたにとってそれが重要かどうか、達成したいかどうかは別の話です。

 

つまり、周囲と同じような目標をもつと辛いことになってしまいます。これは過程でも同じことが言えます。

 

あなたの目標に建前は入っていませんか?自分の強みと情熱で考えていますか?そこまでの過程で自分の強みを最大限に活かせますか?

 

③あなたは、自分の行動を制限してしまってはいないか?

 

将棋の駒は種類によって、動きが制限されています。これはゲームにおいては重要ですが、戦略的な人生においては大きな壁になります。より効果的なアクションやプロセスがあるかもしれないのに、「自分はこうだから」とその効果的なことを行わないという選択をしてしまいます。

 

つまり、あなたは将棋の駒ではないので学習によって、別のアプローチをとることができるのです。

 

・エクササイズ

 

先ほどの1つの質問、もしくは3つの質問を自分にしてその結果を日誌に書いてみてください、そしてそれを続けてください

 

いかがでしたでしょうか?

 

戦略的に楽しく生きる

INてぐらるでした

 

あなたは何を大事にしますか?

f:id:world216636:20180212183959j:plain

(画像はぱくたそ様より)

From : INてぐらる

 

目標に邁進するという充実した人生において、かなりマイナスに作用してしまう意識の1つが「人の目を気にする」という意識です。人に合わせて同じような行動することも同じです。

 

私は幸運なことにアスペルガー症候群の傾向があり、この意識が弱かったのです。以前は悩みましたが、今となっては助かっています。

 

なぜ、充実した人生に人の目を気にすることが悪影響をもたらすのでしょうか?

 

それは、イコール目標達成ではないからです。「人の目を気にし続ける」という目標以外の、目標達成において人の目を気にすることは全く重要ではありません。むしろ、目標からあなたを遠ざけるようになる可能性が高いです。

 

・賢い行動=一見、非常識な行動

 

アール・ナイチンゲールという成功哲学の父は「大衆は常に間違うから、常識と異なることをやれ」と言っています。人の目を気にすることは「間違っている大衆」に沿うように動いてしまう可能性が高いのです。

 

そして、それは一見、非常識に思え、間違っているように感じるかもしれません。しかし、非常識=間違っているわけではありません。

 

常識とは「大衆、もしくはそのグループの正しいと思っていること」です。そこに論理性や合理性、最悪感覚的にも感情的にも「確からしくない」ことが多くあります。

 

・仮想通貨で本当に儲けたのは?

 

例えば、今も熱いかもしれない「仮想通貨」と今回の話を考えてみましょう。一見「仮想通貨に投資した人が儲けている」ような常識を感じるかもしれません。事実、そのように取引所は宣伝を行い、様々なメディアがそれを伝えています。

 

しかし、ここでよく考えてみると本当に儲けたのは「多くの仮想通貨投資家から、その儲けた分に比例して手数料等を貰う」取引所であったり、「儲かる仮想通貨の情報を売る」ことをしている人や会社の方が、安定して大きく儲けているように感じませんか?

 

少し考えればわかることですが、それを見えなくするのが、常識の怖いところでもあります。

 

・目標を決めたらそれを大事にする

 

つまり、目標達成において多くの場合常識は役に立たないのです。本当に役に立つのは「あなたの目標の達成のための、あなた自身の価値観、行動プラン」です。そこに、非常識なことが含まれていてもそれは悲観することではなく、喜ぶべきことなのです。

 

もっと言えば、あなたが大事にするべきなのは「あなたが心の底から決めた目標を達成すること、その過程」であり、常識を守ることではないのです。

 

あなたは何を目標にしますか?そして、そのために何を大事にしますか?

 

戦略的に楽しく生きる

INてぐらるでした。

哲学は学ぶべきか否か

From : INてぐらる

f:id:world216636:20180205115511j:plain

画像はぱくたそ様より

哲学とはなんでしょうか?

 

簡単に言えば、「人はこうあるべきではないだろうか?」「人はこのように生きるべきだ」と考える学問、それが哲学です。この学問の歴史はとても古く、様々な考え方が生まれてきました。

 

私が最初に哲学に興味を持った時に勉強しようとしていたのはニーチェの思想です。完全に理解して読んでいたわけではありませんが、とても衝撃を受けたのを覚えています。

 

さて、この哲学という学問を学ぶべきか否かという視点で今回は考えていきます。もちろん、人にとって目標が異なるのでその時点で「人が共通して必ず学ぶべき分野」というものは存在しないのは明白ですが、人生戦略に少なからず寄与している学問ではあるので、その部分でお伝えできればと思います。

 

また、その上でどのような人が哲学を学んだ方がいいのか?(絶対ではありませんが)をお伝えします。

 

哲学を学ぶ利点を知りたい、自分が学ぶべきかどうかを理解したい人は続きをご覧ください

 

・戦略の組む大前提

 

それでは、哲学が人生の戦略にどのような役割を果たすかをお伝えします。それは本当に戦略を組み立てる方針を生み出す大前提、基盤の基盤になるようなものです。

 

具体的にいうと目標、データ、戦術、管理、実行をどのように繋げるのか?どのように組み立てるのか?の方針がはっきりするのです。

 

しかし、この基盤の基盤は生きていくうちに身につき、はっきりしていくので、改めて哲学を学ばなくてもあまり問題はありません。ですが、逆にはっきりしないのであれば、哲学は大きく参考になります。

 

人生戦略において、哲学は大きく重要ではないですが、前提になりうる学問です。

 

・どのような人が学んだ方がいいのか?

 

次に、哲学はどのような人が学んだ方が良いのかを解説していきます。

 

タイプとしてはたった1つです。それは、人生の目標がまだわからない人です。

 

人生を戦略的に生きる上で、この目標がわからないというのは、目的地がない状態です。戦略を組みたくてくても、全く戦略が組めない状態です。とても、大きな問題です。

 

ですが、哲学を学ぶことでそのヒントを得ることができます。本当にちょっとですが、重要なヒントを得ることが可能です。その場合、色々な哲学者の思想に触れるとそこからヒントを集めて吟味し、あなただけの目標を決めることができます。

 

いかがでしたでしょうか?

 

哲学を上手く活用してくださいね!

 

戦略的に楽しく生きる

INてぐらるでした。